峰温泉大噴湯公園

    様々な条件が重なり実現する、東洋一の大噴湯。温泉を使用した足湯、温泉卵づくりなどで待ち時間を愉しみ、その奇跡の瞬間である、地上30mに吹き上がる温泉の豪快さを愉しむ
峰温泉大噴湯公園は、河津町の峰地区に位置する、噴湯を中心とした公園です。駐車場が完備されており、無料で入場が可能です。公園内には、噴湯だけでなく、足湯、売店、温泉卵の体験コーナーなど設置されています。火曜、金曜以外は、9:30~15:30まで1時間おきに、温泉の噴き上げが行われます。所要時間は、15分~30分です。

詳細情報

住所静岡県賀茂郡河津町峰446-1
longitude138.979431
latitude34.759102
電話番号0558-34-0311
アクセス(1)電車:伊豆急行線「河津駅」より徒歩約30分。バスの場合は約5分(峰温泉バス停下車) (2)車:天城方面より東名沼津ICより約1時間30分/熱海方面より国道135号線経由約1時間30分
料金無料
駐車場無料駐車場有

近くの観光名所 峰温泉大噴湯公園

おすすめポイント

1.東洋一の温泉の噴湯から
2.足湯、温泉卵づくり、資料閲覧などで、1時間に一回の噴き上げまで充実した時間を過ごすことができる!
3.15分から30分の所要時間で、自噴する温泉という

峰温泉大噴湯公園は、河津町の峰地区、宿泊施設、玉峰館の隣に位置します。河津には、七滝温泉、湯が野温泉など温泉地がいくつかありますが、峰温泉は、河津の市街に最も近い温泉地です。そして、温泉の湯量が最も多い地区でもあります。温泉がたくさんある伊豆においても、伊豆で温泉が自ら噴き上げる、自噴する温泉は下賀茂、熱川、そして峰の三つしかありません。厳密には、峰は掘削自噴です。温泉が自噴するには、ガス量、温度、様々な条件が揃う必要があります。そんな温泉が自噴するシーンを見られる、貴重な公園です。9:30から一時間ごとに、15:30まで実施されます。噴き上げる時間は一分ほどですが、温泉が上空に舞う光景は、斬新で豪快です。一時間に一回の吹き上がりまでの時間は、その豊富な温泉を活用した足湯や、温泉で温めたベンチ、温泉を活用しての温泉卵など、様々な体験を楽しみながらお過ごしいただけます。

 

 

さて、こちらの公園にいくには、河津駅から10分ほど車を走らせ、駐車場に車を停めます。道沿いにあり、十分な台数が確保されているため、アクセスは比較的容易です。数寄屋造りの門をくぐると、受付、売店があります。


こちらの売店では、河津の名産物や、小物などのお土産が用意されています。


公園に出ると、右側に足湯、中央にイメージキャラクターの石像、左側に噴湯とホットベンチがあります。こちらの足湯は、隣の宿泊施設、竹の庄さんの温泉を利用しているようです。その泉質は、弱アルカリ性の塩化物泉で、美肌の湯です。



温泉分析表を見ると、温泉温度が99度と、とても高温であることがわかります。温泉分析表の見方は、後日お伝えいたします。


河津桜の時期になると、公園内の河津桜もとても綺麗に咲き誇ります。温泉にまつわる公園だけあって、温泉に触れ合えるのはとても嬉しいですね。噴湯からの吹き上がりが1時間に一回なので、時間を潰す必要がある場合も多々あります。そのような際に、この足湯により、空き時間を有効活用できます。


足湯の近くには、峰温泉の歴史の案内板も設置されています。かいつまんで言うと、峰温泉は、奈良時代が始まりで、大正時代に試行錯誤の末、掘削に成功したとのことです。ロマンが溢れる物語であるので、ぜひ、ご覧ください。


公園の中央には、噴湯のマスコットキャラクター、フントー君や、温泉の熱で温めたベンチが設置されています。



こちらのベンチでは、おしり温泉浴と称しており、とてもユニークな試みです。たしかに、とても温かいベンチでした。うまくポジションが取れれば、こちらのベンチに座りながら、温泉の噴き上げが鑑賞できます。


公園の左側には、お目当ての噴湯と、温泉を利用した温泉卵づくり、温泉を使用しての飲み物の温めサービスが準備されています。また、温泉の管理の際に使用するノミやその管理方法の読み物もあります。




こちらのノミを使用して、付着する湯の花の掃除をしています。同じような高温の温泉を扱う、熱川温泉のお湯かけ弁財天でも、このようなノミを使用して、三日に一度ほど、源泉清掃がなされています。


 

 


噴き上げる時間以外は、噴湯の近くまではもちろん、様々な角度から噴湯を眺めることができます。



こちらが噴湯の目の前。


そして、こちらが、噴湯の裏側です。



東洋一と称される、噴湯と温泉の噴き上げ。ぜひ、祖の豪快さを実際にご体感ください。