大沢温泉 依田之庄

    文化財に併設する日帰り温泉。奥伊豆の秘湯を愉しむ。
松崎町、大沢温泉の日帰り温泉入浴施設です。この地区の傑物庄屋であった、依田家の母屋に併設しています。現在は県文化財として鑑賞可能です。営業時間は10:00~20:00で定休日は木曜日です。

詳細情報

住所静岡県賀茂郡松崎町大澤153
longitude138.838333
latitude34.765472
郵便番号〒410-3604 
電話番号 0558-36-3020
アクセス(1)東海バス「大沢温泉口バス停」より徒歩5分
料金700円
駐車場あり(無料)

近くの観光名所 大沢温泉 依田之庄

おすすめポイント

1.先人たちを魅了した、奥伊豆の秘湯を嗜める!
2.併設する文化財、旧依田家の鑑賞ができる!
3.営業時間が10:00~20:00と長く、様々なタイミングで入浴できる!

松崎町の大沢温泉。奥伊豆の秘湯として、語り継がれてきた名湯です。伊豆地域の傑物庄屋である、依田家の母屋に日帰り温泉が併設されています。場所が少しわかりにくいですが、そこにいくまでの過程も商品の一つです。15時までは県の文化財に認定されている、依田家の鑑賞もできます。依田家の松崎、伊豆員、日本における活躍においては、花の三聖苑で詳しく知ることができます。



さて、実際に日帰り温泉に入ってみると、内装のセンスの良さに驚かされます。旧依田家との整合性を追求しているからか、随所に高級な和の雰囲気が出ています。例えば、水道においても、下に竹が敷かれてあり、壁の竹との調和が見られます。


このような案内板を一つとってみても、けやきのような木の一枚板に歴史が記載されています。この案内板には、文豪とのかかわり、大沢温泉の歴史が記されています。


湯上り処も完備されており、広々とした造りになっています。


残念ながらお風呂の中に入っては撮影できないため、確認を取り、靴の有無でお客様がいないことを念入りに確認して、湯上り処の外から撮影した一枚です。中には長方形のお風呂が二つあり、鹿威しなど、庭園風に仕立ててございます。窓が常に開いており、そこから自然の風が流れ込んできます。この風にあたりながらの湯あみが最上級の寛ぎを演出します。温泉が流れる音、風の音、だまされたと思って、この音たちを聴いていただきたいです。


泉質は、単純温泉と記載してありますが、おそらく硫酸塩泉に近い泉質です。伊豆の内陸部は硫酸塩泉が多いですし、成分表を見ても硫酸イオンが多いですね。その温泉をかけ流ししている贅沢な仕様です。かけ流しできる理由は、温泉の温度が40度付近と低いからです。伊豆の内陸部は火山活動の余熱のため、高温であることが多いです。同じような単純温泉、硫酸塩泉の天城湯ヶ島、舩原なども80℃近いですね。そのため、ここ大沢温泉がなぜ温度が低いのかがまだわかりません。この低さがかけ流しを実現しているのは間違いないのですが、成分表に表れない何かも創り出しているのかもしれません。


お風呂の外には、このような休憩所も完備されています。日帰り温泉らしくいいですね。畳敷きなのも雰囲気に合ってます。


こちらがその外から見た旧依田家。松崎らしいなまこ壁で、荘厳な建物です。伊豆に数回足を運ばれる予定がある方は、どこかで一度足をお運びいただきたい、伊豆の秘湯です。