河津七滝 【大滝~初景滝】

    世界ジオパーク伊豆の人気スポット。豪快な滝や、こじんまりした滝、様々な滝と柱状節理を楽しめる!
河津七滝(ななだる)は、河津駅から車で10分ほどに位置します。大滝をはじめ、7つの滝をめぐることができます。世界ジオパークに認定された伊豆を代表するジオスポットであり、豪快な滝と共に、柱状節理が観賞できます。また、「河津茶屋」をはじめとた飲食店も充実しています。七滝すべてが屋外にあり、急な坂を伴うため、悪天候時にはおすすめできません。所要観光時間は、めぐる滝の数によりますが、全てめぐると2時間ほどです。

詳細情報

住所静岡県賀茂郡河津町梨本379−13
longitude138.924606
latitude34.81031
アクセス車:新東名長泉沼津/東名沼津ICから車で1時間15分 バス:伊豆急行線河津駅より、東海バス修善寺行き約35分「水垂」下車
料金無料
駐車場あり(無料)

近くの観光名所 河津七滝 【大滝~初景滝】

おすすめポイント

1.滝の長さや形、柱状節理の形、風情まで、全く異なる7つの滝を散策できる!
2.地球の歴史である地形と、人間の歴史である文化、両方楽しめる!
3.マイナスイオンを感じながら、長い間変わっていないであろう、太古の森を散策できる!

河津七滝(ななだる)は、河津駅から車で15分ほどに位置します。まず目に入るのは、天城に通じるループ橋。ループ橋をくぐると、河津七滝温泉郷が見えてきます。こちらには、幼少時から何度も足を運んでおりますが、滝の雄大さは何度見ても飽きません。大滝からはじまり釜滝まで、七つの滝をめぐり、茶屋で足を休め、天城の山葵丼を食す。天城を越える旅人の気分で観光ができます。全てをめぐると往復で90分から120分ほどの時間を要します。加えて、最後の釜滝付近は階段が多く、かなりハードです。ご自身のお身体や体調を鑑みて観光、散策されることをお勧めします。今回は、七つの滝を写真や動画を用いて説明し、滝以外の魅力もお伝えします。


【大滝】

まずお出迎えしてくれる滝は、「大滝」。その名のごとく一番大きな滝です。大滝に向かうには、遊歩道を利用し、かなりの階段を下りる必要があります。足腰が悪い方は、あまりお勧めできません。大滝の入口は、七滝茶屋という飲食店の裏あたりにございます。

 


階段を下り、美しい苔で彩られた遊歩道を進むと、やっと大滝にたどり着きます。



滝の水しぶきで湿度が高いからでしょうか。遊歩道の壁にはとても美しく苔が繁殖しております。


大滝の高さは約30メートル。その豪快な音と水しぶきに、心が躍ります。そして、ひんやりとした水しぶきと、シダなどの植物が出すマイナスイオンに心が癒されます。


滝の豪快さに目が行きがちですが、滝の右横にある、柱状節理も見逃さないでください!


【出合滝】

二つ目の滝は、「出合滝」です。二つの流れが一つになることから、このように名づけられたとのことです。出合滝の入口はこのような階段になっており、これを進むと滝が視界に入ります。


この滝を鑑賞する上でご注目いただきたいのが、柱状節理。大滝よりも間近で、更に鮮明にみることができます。






 

 

 


 


【カニ滝】

三つ目の滝は、「カニ滝」です。カニ滝1メートルの小さい滝なのですが、膨らみがカニのようだとカニ滝と名付けられたそうです。遊歩道のカニ滝入口の看板があります。

 


そこを下ると、河川上の開けた場所がございます。この土手には簡易的なイスやテーブルが設置されており、軽い休憩が可能です。



この開けた土手を川に沿って少し上ると、カニ滝が見えてきます。

 


 


また、カニ滝の前には、レストランひぐらしという、炭火焼が人気の古民家を移築した食事処がございます。美術館も併設しているので、足を運んでみてください。


カニ滝と次の初景滝の間には、「溶岩洞窟温泉」と「大岩成就」という、2つの見どころがございます。まず、「溶岩洞窟温泉」は、橋を渡った先にあります。

 


まだ入ったことはありませんが、このような洞窟で湯あみを愉しめるようです。


もう少し遊歩道を進むと、川の真ん中に大きな岩があり、その川沿いに小石が設置しておございます。これが、大岩成就の体験です。小石が3個100円で販売されており、これを岩の上に設置されている締め縄の中に投げ入れます。数百年、川に佇む岩にちなんで、同じように安泰になれるよう、願いを祈るという趣旨のようです。これがとても難しく、数多く足を運んでおりますが、過去一度しかしめ縄の中に石がはいったことがございません。


 


【初景滝】

小石投げを愉しんだら、すぐに四つ目の滝、約10メートルの「初景滝」に着きます。この初景滝の手前には、伊豆の踊子と青年の銅像が設置されております。河津七滝、屈指の撮影スポットです。






初景滝と踊り子と青年たちと一緒に撮影をした後は、次の滝「蛇滝」に続く、踊り子遊歩道に続く階段を登ります。この階段がそれなりに段数があるため、ここで七滝を一区切りさせ、帰路につくのも全然ありです。